推奨工法
Recommended construction method


NPO法人日本環境土木工業会では、国内各地の風土や地域の実情に適応した工法、あるいは資源のリサイクルに新しい可能性を秘めている技術などを専門業者、一般市民を問わず公募をして、評価推奨し、過去に損なわれた自然環境を取り戻し、地球上のあらゆる生命に優しい環境を再生することを目的として新技術を募集いたしました。

厳選なる審査の結果下記9件をNPO日環環境土木工業会の推奨工法として認定致しました。


アーチフレーム工法

写真:アーチフレーム工法

従来の現場吹付法枠工法が持っている機能に古来より様々な構造物に多く取り入れられてきた美観要素のアーチ曲線を加え、景観上の美的効果を高めた法枠工

法人名
株式会社日環工マテリアル
担当者
久保田 伸治
連絡先 TEL : 092-565-2681
FAX : 092-555-2935
Email
ホームページ

私たちは「形」という品質にもこだわります

アーチフレーム工法は、環境時代の法枠工法です。

利便性優先の時代は終わりました。

21世紀のインフラストラクチャー・デザインとしてお奨めします。

特徴

01

従来の現場打設法枠工法が持っている機能性にアーチ曲線を加え、景観上の美的効果を高めました。アーチは、古来より様々な建造物に多く取り入れられてきた歴史的な美観要素の一つです。

02

設計上、縦梁の構造が従来の法枠工と同一なため、法面保護工として、充分にご利用いただけます。ハンチフレーム工法との組合せ設計も可能です。


03

中詰め緑化工は厚層基材吹付工など多様な緑化工の施工ができます。

写真:アーチフレーム工法
写真:アーチフレーム工法

ウォールポケット工法

写真:ウォールポケット工法

空間規模が長大で圧迫感のあるコンクリート構造物と緑化の併用による自然環境や周辺環境との調和を重視した壁面緑化工法

法人名
株式会社高特
担当者
小笠原 寿子
お問い合わせ
TEL : 0279-22-2035
FAX : 0279-23-3913
Email
ホームページ

ウォールポケット工法は、空間規模が長大で圧迫感のあるコンクリート構造物と、

緑化の併用による自然環境や周辺環境との調和・再生を重視した壁面緑化工法です。

景観に配慮した植栽プランターに、花木やつる植物を植栽することで、

地球温暖化を抑制するとともに、花と緑のアメニティ空間を創出することができます。


特徴

01

構造物の種類によって4タイプの工法(または組み合せ)が選択でき、あらゆる壁面に緑化スペースを創出できます。

02

客土(生育基盤)は透水性、通気性、保水性に優れた配合培養土を使用し、底部には吸水マット、上部には防草対策に優れたマルチングシートを設けた構造で、メンテナンスも軽減できます。


03

植物による冷却効果や緑被によりコンクリート構造物の表面温度を15~20℃に抑えられ、更に樹木のCO2固定等により地球温暖化の抑制に貢献します。


04

植栽コンテナは、緑化目的・目標によって、数量や間隔が調整できます。

国土交通省新技術情報提供システム
NETIS登録No. KT-010178
イラスト:Wl-Ⅰ型

Wl-Ⅰ型

イラスト:Wl-Ⅱ型

Wl-Ⅱ型

イラスト:Wl-Ⅲ型

Wl-Ⅲ型

イラスト:Wl-Ⅳ型

Wl-Ⅳ型

写真:ウォールタイプⅡ型

ウォールタイプⅡ型

写真:バスケットタイプ

バスケットタイプ


間伐材法枠工(間伐フレーム工)

写真:間伐材法枠工

間伐材をフレームジョイントで釘止めし、アンカーボルトを打設した間伐材利用法枠工

法人名
株式会社水戸グリーンサービス
担当者
雨貝 洋
お問い合わせ
TEL : 029-225-2754
FAX : 029-227-2783
Email
ホームページ


間伐材法枠工 ウッディフレーム工法


特徴

01

間伐材を1m程度に切断するだけで簡単に法枠が構築できます。


02

元口径φ80~120㎜の幅広いサイズの間伐材が利用可能です。


03

組み立てはフレームジョイントで間伐材を釘止めし、アンカーボルトを打設するだけで、誰でも簡単に組み立てられます。


04

経済的で安全な緑化基礎工が構築できます。

写真:間伐材法枠工

グリーンパネル工法

写真:グリーンパネル工法

FRP製格子状の板を法面工として補強材と頭部を固定し、補強材の引張力を利用して、法面崩壊を防止する補強土工法。法面の全面緑化が可能

法人名
株式会社ダイクレ
担当者
濱田 卓嗣
お問い合わせ
TEL : 0823-22-4966
FAX : 0823-25-7231
Email
ホームページ

グリーンパネル工法は、「FRP製格子形状のグリーンパネル」を、 のり面工として補強材と頭部で固定し、 補強材の引張力を利用して、 のり面崩壊を防止する《切土補強土工法》です。
この部分に、客土等を吹き付けることで従来の、 のり面工では困難だった、全面緑化が可能です。 グリーンパネルは国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に 登録されています。

特徴

イラスト:グリーンパネル工法の詳細図

01

法面工低減係数は、μ = 0.7 ~ 1.0 です。
切土補強土工ののり面工として、地山の変形に追従でき、かつ、のり面工低減係数は、0.7~1.0を有します。


02

養生期間が不要で、施工性に優れています。
現場吹き付けコンクリート製品に対し、養生期間が不要です。また、軽量、強靭なFRP製なので施工が容易で大型重機も不要です。


03

大幅な工期短縮が可能です。

切土補強土工の施工が終了した箇所から設置できます。また、逆巻き施工の場合に掘削作業の待ちが少なく、大幅な工期短縮が可能です。

写真:グリーンパネル設置完了

グリーンパネル設置完了

写真:グリーンパネル設置完了

植生状況2.5ヶ月後


グリーンポケット工法

写真:グリーンポケット工法

モルタル・コンクリート吹付工、吹付法枠工による法面保護工に、基盤となる客土袋をプランター状に設置し、樹木や草花類で環境緑化を図る植栽工

法人名
株式会社高特
担当者
小笠原 寿子
お問い合わせ
TEL : 0279-22-2035
FAX : 0279-23-3913
Email
ホームページ

グリーンポケット工法は、従来より普及しているモルタル・コンクリート吹付工、

吹付のり枠工によるのり面保護工法に、植栽工を併用したものです。

のり面の要所要所に基盤となる客土袋をプランター状に設置し、樹木や草花類で環境緑化をはかる工法です。

吹付のり面の問題点としていた、反射光や輻射熱の抑制、

さらに花や紅葉などによる季節感あふれる緑化工法により、周辺の環境性を高めることができます。


特徴

01

法面や地山および既設条件に応じて、適応したタイプを選択でき、植栽によりCO2の増加抑制、省エネルギー等、自然環境や社会環境に配慮し、地球温暖化防止に貢献できます。

02

植栽工の施工が困難とされる、1:0.8より急な勾配にも施工できます。(垂直まで可)


03

植栽による植生工のため、多様な植物が使用でき、活着・生育も確実性が高いです。


04

緑化目的・目標に応じて設置箇所、数量を弾力的に設定できます。


05

多種多彩な植物の組合せにより、造園的なデザインを創出することができます。

国土交通省新技術情報提供システム
NETIS登録No. KT-980082
イラスト:ポケットタイプ

ポケットタイプ

イラスト:カットタイプ

カットタイプ

イラスト:吹付タイプ

吹付タイプ

イラスト:プレキャストタイプ

プレキャストタイプ

写真:ポケットタイプ施工例

ポケットタイプ

写真:ポケットタイプ施工例

カットタイプ


ハンチフレーム工法

写真:ハンチフレーム工法
リサイクルしたプラスチック段ボール型枠を利用した法枠材で保温性に優れ、応力が集中する梁の交点にハンチ部を設け景観面は素より力学的にも安定度を高めた法枠工法
法人名
株式会社日環工マテリアル
担当者
久保田 伸治
お問い合わせ
TEL : 092-565-2681
FAX : 092-555-2935
Email
ホームページ


環境に配慮し、最も自然に近い形で国土を保全する現場吹付法枠工


リサイクル材使用型枠
 ハンチフレーム工法


特徴

01

リサイクルしたプラスチック段ボール型枠材を使用したハンチフレーム工法は、モルタル吹付工の常識を超えた高い仕上がり精度が得られます。

02

応力の集中する梁の交点部にハンチを設けることにより、景観面は素より力学的にも安定度を高めることが出来ます。


03

プレスチック段ボール型枠のため、軽量で作業性が良く、安全です。


04

プラスチック段ボール型枠のため、保温性が良く、冬場の工事でも使用できます。

図:ハンチフレーム工法製造フロー図
写真:ハンチフレーム工法施工例
写真:ハンチフレーム工法施工例

マルチ緑化ボックス工法

写真:マルチ緑化ボックス工法
屋上緑化等の技術を導入し、植物の生命線-土壌、水分確保が困難な急傾斜地、岩盤の植栽を可能にしたプレンター式植栽緑化工法。枠内モルタル吹付の既設法枠の緑化に最適
法人名
株式会社日環工マテリアル
担当者
久保田 伸治
お問い合わせ
TEL : 092-565-2681
FAX : 092-555-2935
Email
ホームページ

プランター式植栽緑化工法

マルチ緑化ボックス工法


植物の生命線土壌、水分確保が困難な急傾斜地、岩盤の植栽を可能にしました。
都会のオアシス作り屋上緑化の技術を法面に導入

地球温暖化は生活空間の温暖化です。

少しでも快適な生活空間の創造がマルチ緑化ボックスの願いです。枠内はモルタル吹付けの既設法枠の緑化に最適です。


仕様

ボックス
耐水段ボール箱プランター
ソイル
低水分軽量培養土
緩効性肥料
遅効性燐酸肥料
VA菌根菌
吸水促進剤を配合
保水装置
低部に根崩れ防止剤付き保水シート設置
根崩れ防止装置
無機質充填材
通気・透水パイプ設置(2本/箱)
適正植物
ヘデラ類
バーベナ類
タピアン
松葉菊
サツキ類
アベリア
アークトセカ
キュウリ
保護用ネット
耐錆処理剤エキスパンドメタル + 等辺山形鋼
吸出防止剤(サンドマット)ステンレス製ホールアンカーで固定

写真:マルチ緑化ボックス工法
写真:マルチ緑化ボックス工法
イラスト:マルチ緑化ボックス工法